主婦でも借りれるキャッシング教室 TOP » ローンの仕組みと方法 » 住宅ローンの仕組みと方法

住宅ローンの仕組みと方法

ティーポットとティーカップ
主婦でも借りれる住宅ローンについてですが、住宅ローンには公的金融機関と民間金融機関に分かれます。
公的金融機関の融資審査は厳格であり、主婦の場合で、収入がない場合には借入をすることは難しい面があります。
民間金融機関でも、主婦でも借りれる住宅ローンを借りるためには条件がいります。

 

返済資力がない場合には、どうやって返済していくのか、計画的な返済プランがいりますが、労働収入がないなら、他の不労所得があるのかどうか、不労所得とは利子や配当などの金融資産からの派生所得であり、他には賃貸収入などの不動産所得も該当します。
返済できる資力がない場合、このままでは民間金融機関であっても住宅ローンの審査は通りません。
この場合には、保証人をたてる必要があります。
返済できない場合には、保証人をたて、金融機関は次に保証人の資力審査をすることになります。
仮に前述のように、保証人自体に資力がなかった場合には、審査が通らない可能性が高くなります。
保証人が立てられない場合には、不動産や預金などの担保設定できるかどうかも、左右してきます。
担保設定できる資産さえあれば、民間金融機関なら主婦でも借りれることになります。
金融機関も不良債権問題にならないよう審査は厳格に行っているからです。
保証人や担保設定できる資産がない場合には、主婦でも借りれる住宅ローンは難しくなります。

 

これは主婦でなくても同じことです。
一般的に住宅ローンの返済期間は長く、返済可能かどうかが大事なポイントなのです。
主婦であっても、安定的な所得があれば借入は可能です。
また、住宅ローンの条件を満たしていても、労働所得のある場合には年齢制限も絡んできます。
これは主婦だけでなく会社員であっても貸し出し年齢制限が設定されているのです。
一般的には、70~75歳くらいに設定されており、仮に住宅ローンが借りられても、返済期間の期間上限が設定されており、返済期間が短く設定されてしまうのです。


主婦でも借りれるのはこちら

関連記事

  1. おまとめローンの仕組みと方法