主婦でも借りれるキャッシング教室 TOP » 知っておきたい事 » 居住年数をごまかすとバレるのか

居住年数をごまかすとバレるのか

ダイニングキッチン
主婦でも借りれる手段として挙げられるのが、銀行のカードローン。
それと同様に、主婦でも借りれる手段として挙げられるのが、消費者金融やクレジットカードによるキャッシングです。
どちらの手段で主婦でも借りれる借金をしようとも、まずは審査を受けないと融資をしてもらえません。

 

その審査には様々な審査項目があるのですが、そのひとつに居住年数というのがあります。
居住年数というのは、簡単にいえばその場所にどのくらい住み続けているかということ。
当然ながら、居住年数が長ければ長いほど、主婦でも借りれる審査におけるポイントは高くなります。
では逆に、居住年数がどれくらいより下回ってしまうと、審査に悪影響を及ぼしてくるのでしょうか。
ほとんどのカード会社などでは、居住年数1年というのを、ひとつのボーダーラインとしております。
居住年数が1年未満ですと、主婦でも借りれる金融機関であったとしても、狭き門となります。

 

それならば、適当に居住年数をごまかして申請すればいいのではと考えますが、そうは行きません。
クレジットカード会社や消費者金融などでは、しっかりと裏づけ確認を取るのですから、まずばれます。
では、そういった会社では、どのように居住年数の裏づけを取っているのでしょうか。
まずは、身分証明書による裏づけです。
運転免許証やパスポートに記載されている住所と、申告されている住所が異なる場合には、公共料金などの領収書の提出を求められる場合もあります。
つまり、生活の実態を明らかにせよということです。

 

次に、住宅地図による確認です。
素晴らしい住宅地図があり、そこには日本全国全ての居住者が網羅されております。
それを使い、足で裏づけ確認を取るのです。

 

過去にクレジットカードなどの利用経験のない人に関しては、住民票を徴収するということが多いです。
これは、本人が提出するのではなく、カード会社がとるということですが、これに関しては契約時に同意をしているので、文句は言えません。

関連記事

  1. キャッシングの申込から融資までの流れ
  2. 多重債務になってしまったらどうするか
  3. 総量規制とは