主婦でも借りれるキャッシング教室 TOP » キャッシングの特徴 » 消費者金融系キャッシングの特徴とは

消費者金融系キャッシングの特徴とは

ビル
キャッシングは大きく三種類に分類されます。
一つは消費者金融、次に信販系、いわゆるクレジットカードのことです。
もう一つは銀行系のカードローンで最近増えています。
それぞれにメリットとデメリットがありますが、主婦であれば消費者金融系のキャッシングが一番おすすめです。

 

消費者金融系のキャッシングは一番金利が高いのがデメリットです。
その為、普通に考えたら銀行系のカードローンが得だと考えがちです。
しかしキャッシングでまず前提として考えるべきなのは、借り入れができるかどうかです。
主婦でも借りれるキャッシングは意外と少ないです。

 

消費者金融の場合は、主婦でも借りれるところが多いですが、他で借りようとすると、申し込みの時点で断られることも多いです。
主婦でも借りれる代わりに金利が高いのは確かに難点ですが、実はこのデメリットについては、それ程影響は出ないケースが多いです。

 

主婦でも借りれるキャッシングは確かに存在しますが、主婦の場合はそれ程大きな金額の借り入れがそもそもできません。
総量規制によって、年収の1/3を超える金額の借り入れがそもそも禁止されていますし、総量規制の対象外の銀行系カードローンであっても、会社側で借り入れ額に制限をかけます。
金利は利率で計算されるので、借り入れする金額が少なければ、当然返す利息の金額も少ないです。
なので、例えば金利が3%低いからと言って、返す金額自体はそれ程変わりません。
主婦の場合は金利をそれ程意識する必要がないのです。
それどころか、消費者金融によっては無利息期間を設けているところもあるので、それを利用すれば銀行系のカードローンよりもお得に完済できるケースもあります。

 

主婦でも受け入れている場合が多い事と、金利による影響を考えると消費者金融が最適と言えますが、メリットはこれだけではありません。
最近の消費者金融はサービスの質が高く、特に申し込みから入金までが早い所がほとんどです。
特に審査が早いので、申し込みをした当日に融資を受ける事も可能です。


主婦でも借りれるのはこちら

関連記事

  1. 銀行系キャッシングの特徴とは