主婦でも借りれるキャッシング教室 TOP » 知っておきたい事 » 総量規制とは

総量規制とは

カーテン
主婦でも借りれる消費者金融も数多くあります。
しかし、消費者金融を利用する時には、総量規制によって制限を受けることがあります。

 

総量規制とは、キャッシング利用者が無理な借り入れをして破産しないよう保護する目的で作られた規制です。
借り入れ額が規制されていることは有名ですが、取り立ての方法などについても色々規制されています。

 

金額については、年収の1/3を超える金額の借り入れは禁止されています。
この金額については、家の住宅ローンや車のローンは含まれません。
それらを除いた借り入れ額の総額が1/3を超えると、総量規制によってこれ以上の借り入れが不可能になります。
また、多額の借り入れ時には収入を証明する書類の提示を求められますが、これも総量規制によって定められていることです。

 

主婦でも借りれる消費者金融は便利ですが、パートやアルバイトなどで安定した収入があることを条件にあげている消費者金融がほとんどです。
実は、専業主婦であっても申し込みが可能な消費者金融も数は少ないですが存在します。
専業主婦でも借りれるのは便利ですが、その代り必要な書類が増えます。
専業主婦の場合は、配偶者の同意書と、配偶者の収入を証明する書類の提示を求められます。
これも総量規制によって定められているのです。

 

なので、専業主婦でも借りれるといっても、夫に内緒でキャッシングをするのは不可能です。
専業主婦の場合は、収入がありません。
つまり年収の1/3を超える金額の借り入れが禁止されている以上、そもそも借り入れが規制されているのです。
総量規制によってこれらの制限が付けられるのは、無理な借り入れをして利用者が破産するのを防ぐためです。
時に不便に感じる事もありますが、こういった規制によって、無理な借り入れが減っていることも事実なのです。

 

総量規制の対象外になっている金融会社も存在します。
実は銀行は総量規制の対象外です。
なので、普通の消費者金融は全て規制を受けていますが、銀行系のカードローンはこの規制の対象外なのです。

関連記事

  1. キャッシングの申込から融資までの流れ
  2. 居住年数をごまかすとバレるのか
  3. 多重債務になってしまったらどうするか