主婦でも借りれるキャッシング教室 TOP » キャッシングの特徴 » 銀行系キャッシングの特徴とは

銀行系キャッシングの特徴とは

ビル
主婦でも借りれる消費者金融も今は意外と多いです。
申し込みさえできれば、どこで借りても大差ないと考えがちですが、実際は大きな違いがあります。
最近増えているのが、銀行系キャッシングです。
主婦でも借りれるところも多いですし、普通の消費者金融と比べると、お得に利用できます。

 

銀行系キャッシングは、銀行系カードローンなどと呼ばれています。
銀行の豊富な資金力がついているので、他の消費者金融と比べると、金利が低いのが特徴です。
消費者金融でキャッシングをする場合、ほとんどのところが金利を18%と高めに設定しています。
しかし、銀行系カードローンの場合は14%台の低金利で設定されているので、返済額が大きく変わってきます。

 

主婦でも借りれるところはあるので、選ぶならば銀行系で探したほうが得だと言う事です。
主婦でも借りれるのはありがたいことですが、専業主婦と働いている主婦では条件が変わってきます。
専業主婦の場合は、収入がないので、代わりに返済能力を証明する必要があります。
具体的には配偶者の収入を証明する書類が必要になります。
また、収入がある配偶者の同意書も必要になるので、あらかじめ配偶者に相談する必要があります。

同意書は店頭でもらったり郵送してもらう事も可能ですし、インターネットに繋がる環境があるならば、書面をダウンロードすることも可能です。
同意書の記入を間違えてしまうと、せっかく書いてもらってもやり直しになってしまうので、記入方法についてはきちんと確認しておいた方がよいです。
収入を証明する書類は、給与明細があれば問題ありません。

 

専業主婦ではなく、アルバイトやパートで働いている場合は、これらの書類は不要で申し込みができます。
自分の収入を証明する書類の提示を求められるケースもありますが、少額のキャッシングであれば免許証一つで申し込みが可能なケースがほとんどです。
主婦でも借りれると書いてあっても、専業主婦の場合は申し込みを断られるところもあるので、もしも専業主婦であれば最初に確認しておくとよいでしょう。


主婦でも借りれるのはこちら

関連記事

  1. 消費者金融系キャッシングの特徴とは